安いマイカーローンのための情報をなるべく更新できるように頑張ります

車を安く買うならマイカーローンの厳選もシビアに行うべき

あれこれ

安いマイカーローンを選ぶなら金利の見極めがポイント

更新日:

マイカーローンを利用すれば月々の支払いを安く抑えられるため、生活費を圧迫されずに済みます。車を購入する際にディーラーがすすめるマイカーローンをそのまま契約したくなるところですが、本当に安く車を購入するならディーラー以外を選ぶのがおすすめです。

何故かと言うと、ディーラーがすすめるマイカーローンは金利が高めだからです。業者が提供するローンは金利が必ず付いてきます。ローンの金利とは、分割手数料のようなものです。通常であれば現金一括払いで車を購入するところを月々に分けて払う代わりに、ローン会社へ手数料を支払う契約を結びます。

マイカーローンはただ支払いを遅らせてもらっているわけではありません。一度ローン会社が車の代金を立て替え払いしている状態です。立て替え払いをしてもらったローン会社に対し、毎月少しずつ返済をする借金のようなものです。

借金の返済と同時に手数料分が上乗せされるわけですが、手数料の計算に金利が使われます。計算の仕組みから金利が高いほど、支払いの回数が多くなるほど手数料が増えます。完全に車を自分のものにするまでにかかる費用が、一括払いに比べてマイカーローンだと増えてしまう結果になるわけです。

よって、ディーラーのすすめるマイカーローンは金利が高めなので、手数料が膨れる可能性が高くなります。ディーラーのローン会社や借りる金額によって違ってきますが、5%以上の金利設定が目立ちます。

5%くらいならさほど影響がないと考えるところですが、車の代金は数十万円や数百万円単位ですので、たったの5%でも長く返済を続けているうちに大きな負担としてのしかかってきます。中には10%前後の金利になるケースもあるほどです。

金利の安いマイカーローンを選ぶなら、銀行や信用金庫などの金融機関の利用を検討したいところです。これらの金融機関の場合、3%前後の金利が一般的でディーラーの金利よりも低めに設定されているケースが大半です。

場合によっては2%を切ってくる金融機関も存在するほどです。もし2%の金利でローンを組めたなら、5%のディーラーのローンよりも手数料を半分以下に抑えられます。

安く車を買うならディーラーよりも低金利な金融機関のローンを選ぶのが適切ではあるものの、基本的に金利の低いローンは審査基準が厳しめなため、誰もが契約できるとは限りません。

雇用形態や収入の多さ、借金の有無などが審査に影響します。金融機関の審査に自信がなければ金利が高くてもディーラーのマイカーローンを選ぶのが安心です。

-あれこれ

Copyright© 車を安く買うならマイカーローンの厳選もシビアに行うべき , 2019 All Rights Reserved.